お取り扱い製品一覧

UPBox

UPBox

Babel

Babel

これからのものづくり教育機関で3Dプリンタ技術を!

幼い頃からのものづくり教育に最適! 大学、高専、専門学校、高校での授業は現在、CADを利用した設計に重点がおかれています。これからは自分で設計したものを造形することで、生徒はものづくりの楽しさを実感できるようになります。

3Dモデリング、応力解析、モデルの造形、組み付けと質感のチェック、さらに改良のための設計変更と、実社会と同じ設計プロセスを経験できるようになります。設計変更と造形を繰り返すことで例えば製品の軽量化、短時間設計、素材のコスト計算、さらに重要な要素となる「製造を意識した設計」を学ぶことができます。学生が実際に手にする造形からは、コンピュータの表示では得られない満足感が生まれます。


プリンタのマテリアル素材はABS樹脂のため強度に優れており、新たに構造解析へと学問の幅が広がっていきます。

教育機関における機器の導入で問題となるのは、毎年発生する保守料・消耗品の補充費用です。当社は初年度に、次年度以後に発生する保守料や消耗品を補充する長期サポートプログラムを用意しています。生徒に3Dプリンタの技術を学ばせたいとお考えの先生方をご支援いたします。

3Dモデリング、応力解析、モデルの造形、組み付けと質感のチェック、さらに改良のための設計変更と、実社会と同じ設計プロセスを経験

お気軽にお問い合せください。

サンプルのお申込みについてもお気軽にお問い合わせください。

TEL 03-3758-2641 FAX 03-3756-0063 e-mail info@mutsumikako.co.jp

消耗品(スペアパーツ)価格表ページはこちらをご覧下さい。

3Dプリンター『Babel(バベル)』は「もっと速く」「もっと綺麗に」「もっと繊細に」をコンセプトとし、開発された当社至高の3Dプリンターです。ビジネスシーンでも活躍できるよう筐体のフォルムを十分意識し、重厚な雰囲気を演出します。 また、剛性のあるアルミ合金筐体とスチールフレームをフレームに採用する事で本体の軽量化に成功した他、安定した造形を保証し、造形したモデルの質感の向上をお約束します。 造形に使用する材料も多種多様なフィラメントの使用を完璧にサポートし、多くの潜在能力を引き出す事が可能です。 オプションとして、CADツールを付属することができます。

CAD+ワークステーション+3Dプリンターがセットに!

オプションとして、CAD+ワークステーション+3Dプリンターが一体となった法人様が紙図面からでも簡単に3Dプリントできるセットでご購入いただくことができます。 また、造形サイズは300x200x200mmとコンパクトな3Dプリンタでできるだけ省スペースで大きな造形物を安定して造形が可能です。
※CADツールはオプションになります。

デュアルエクストルーダーを搭載しています。

デュアルエクストルーダーにより、造形物を通常のフィラメントを使用し、サポート材を別の材料で作成する事が可能です。 サポート材のみを可溶性フィラメントで造形した造形物を「液体」にひたすことで、面倒なサポート材除去の手間が省くことができます。また、廃液も産業廃棄物として処理する必要はありません。

バベルは多種多様な材料に対応可能です。

多種多様なフィラメントを使用でき、あらゆる商品開発における品質向上、コストダウンを実現しました。フィラメントは国産のものを使用しており、ABS・PLA・エラストマ(軟質素材)・ナイロン・可溶性フィラメント等を取り扱いさせていただいています。
※他、一部国産ではない材料もあり

最小積層ピッチを0.05㎜まで対応

この方式では技術的に難しかったピッチ幅と精度幅の問題を克服し最小積層ピッチを0.05mmまで、位置決め精度を0.07mmまで高めました。これにより、FDMでもさらに高精度なモデルをプリントすることが可能になりました。

その他特徴

全方位照明システムは暗いところでも作業環境を快適に保ちます。ユーザーの利便性だけでなく、機体の重厚な雰囲気をも演出します!
また、2.4寸の大型スクリーンを搭載。 難しい操作方法を覚えることなく誰でも感覚で操作いただけます。


消耗品(スペアパーツ)価格表

消耗品(スペアパーツ)価格表のダウンロードは下記から。
消耗品カラー版PDF

サンプルのお申込みについてはお気軽にお問い合わせください。

5kgという軽量・小型サイズ当社社員が持ってもこの通り!
いろいろな場所に持っていけます。

試作品は「自社で気軽に造形」の時代です!

マイクロファクトリー社製の3DプリンタはABS樹脂を原料として使い、自動で高密度・高精度のモデルを造形します。樹脂を熱で溶かしながら積層するUP! 3D Printerモデルは、製品の試作や実際の成果品として企業や教育機関、あるいはホビーユースとして利用されています。

これまで3Dプリンタは高額ゆえ、あまり普及していませんでした。しかし、UP! 3D Printerモデルの登場で企業内の各課単位でも導入できるようになりました。マイクロファクトリーの3Dプリンタは運用コストも低く抑えられます。造形されたモデルは各種の解析や負荷診断、デザインチェック、機能テスト、アセンブリーに利用できます。UP! 3D プリンタは静音で5kg という軽量・小型のため、設置場所を選びません。

 


既に3Dプリンタを導入した企業は

UP! 3D Printerをサブの3Dプリンタとして利用しています。しかし、
「社内の3Dプリンタを直ぐにでも使いたいが順番が回ってこない」

「大型の3Dプリンタはラニングコストがかかりすぎる」

「最終製品ではなく、開発中の製品のデザインを直ちにチェックしたい」

このような悩みの解決策として、UP! 3D Printerをセカンドプリンタとしてお薦めします。



これは簡単!組立からの手順をFacebookページにてご紹介!



サポート材を手やカッターナイフ等で簡単に取り除くことができます このようなモデルの造形では多くの場合サポート部材が必要となります。サポートを除去する場合は通常、超音波洗浄機と溶解液を利用します。しかし溶解液は、取扱いの教育を受けた専任者が担当しなくてはなりません。溶解液は一般に産業廃棄物として処理する必要があり、環境問題を引き起こす危険があります。UP! 3D プリンタは溶解液を使用せず、サポート材を手やカッターナイフ等で簡単に取り除くことができます。また付属のソフトはサポート材を容易に取り除けるよう、造形中に自動でサポートの形状を変えています。




造形用部材とモデルを支えるサポート用部材は同じ!

スプール一巻のマテリアル(ABS樹脂)で、モデルとサポートを造形していきます。 通常の3Dプリンタでは、モデルとサポート用のマテリアルが異なっていますが、UP! Plus 3Dプリンタは同じマテリアルを使用します。そのため両者のヘッドを切り替える必要がなく、効率良く部材を使用でき、且つ安定した連続性のある造形が可能となっています。


STLデータ
付属のソフトにSTLデータ
読み込み設定
印刷開始!
UP!3D Printerで印刷
完成
サポート材を外して完成

ページのトップへ

「UP!Plus2」「UPBOX」用ドライバーソフトウエア


プリンタ用ソフトウエアプリンタ用ソフトウエアは簡単に操作できます。
メューはどのアイコンを選択したらよいか直観的に判断できます。
■ スライス・アルゴリズムの採用で、ほとんどのSTLデータは修正なく造形できる。また簡単な画面操作でSTL ファイルから造形用データへ変換できます。
■ モデルの移動や回転が可能で、縮尺を変更できます。
■ 自動またはマニュアルでモデルを配置でき、自動でサポートを作成します。
■ 造形時間とABS 樹脂の量をグラム数で表示します。

消耗品(スペアパーツ)価格表

消耗品(スペアパーツ)価格表のダウンロードは下記から。
消耗品カラー版PDF(6.07MB)消耗品白黒版PDF(679KB)

サンプルのお申込みについてはお気軽に右記までお問い合わせください。

お取り扱い3Dプリンタ仕様一覧

機種
UP!Plus2

UPBox

Babel
積層方式 FDM方式(熱溶融積層法) FDM方式(熱溶融積層法) FDM方式(熱溶融積層法)
使用部材 ABS樹脂 ABS樹脂 国産ABS・国産PLA・国産 ナイロン・国産 ゴム(エラストマ)・国産水溶性フィラメント・外国産 カーボン・外国産ABS・PLA・フィラメント
プリントエリア 140W x 140D x 135H mm 255W x 205D x 205H mm 300W x 200D x 200H mm
積層ピッチ 0.15/0.20/0.25/0.30/0.35/0.40 mm 0.1/0.15/0.20/0.25/0.30/0.35/0.40 mm 0.05~0.5 mm
寸法と重量 245W x 260D x 350H mm , 5 kg 485W x 495D x 520H ㎜ , 20㎏ 506W x 450D x 360H mm
電源 100-240V(50-60Hz), 220W 100-240V(50-60Hz), 220W 115V/230V , 350W
使用可能なOS Windows XP, Vista&7(7のみ、64ビット対応) Windows XP, Vista&7(7のみ、64ビット対応) Windows 7/Windows8/Windows10は対応予定
入力データ STLフォーマット STLフォーマット STLフォーマット
付属設備 CAD+ワークステーション
*CADはオプションになります。
ページのトップへ

ご連絡はこちらまで

お気軽にお問い合せください。ご質問に対し早急にご返信いたします。またサンプルのお申込みについてはお気軽に下記までお問い合わせください。

担当:加藤

睦化工株式会社
TEL. 03-3758-2641
e-mail&メールフォーム
info@mutsumikako.co.jp
住所
東京都大田区矢口3-17-13

ページのトップへ